期間限定の賃貸|収益物件でガッポガッポ|たった1度の人生だからこそ
つみきとお金

収益物件でガッポガッポ|たった1度の人生だからこそ

期間限定の賃貸

ウーマン

貸す際に知っておく事

転勤や海外赴任で数年間家を空けるときに、その期間限定で賃貸契約を結ぶことをリロケーションと言います。貸主は数か月か数年後にはいずれ戻ってくるのでその間だけの賃貸契約について数々の疑問や不安を持たれると思いますのでリロケーションについて知っておくべき事をいくつかお知らせします。会社の転勤などは急に申し渡されることも多くいつまでに依頼すればよいかと言うと、転勤後でも可能ですが募集を行う事を考えると2〜3か月位の余裕があると良いです。現状そのままで賃貸出来るかどうかは家の状態によりますが、必要ならばリロケーション会社でクリーニングなども可能です。戻った時も快適に過ごすための禁煙やペットの禁止等を契約に盛り込むことも可能です。

貸す際に知っておく事続編

入居者に家賃を滞納されるのが不安な場合は、家賃保証をしているリロケーション会社に依頼することで保証されます。住宅金融支援機構からローンを受けているケースでは原則契約者が住むことが条件ですが、転勤などのやむを得ない事情の場合には特例が認められていますのでローンは継続されます、また住宅ローン減税を受けている場合は減税が受けられなくなりますが、転勤前と帰任後に税務署に届けを出すことで再び減税を受けられることが出来ます。家賃収入の申告については不動産所得として確定申告を行う必要がありますが、リロケーション会社から経費領収書や支払調書を発行しますので申告に使えます。離れたところに住むので家の管理をするのは難しいですが、リロケーション会社では管理などに必要なことを全て行ってくれますので安心です。

このエントリーをはてなブックマークに追加